ここから本文です

小林麻央さん、驚異的なブログ更新 詳細すぎる闘病記に込めた思い

J-CASTニュース 9月16日(金)18時2分配信

 2016年9月1日のブログ開設以降、乳がん発見までの経緯を毎日のようにつづっているフリーアナウンサーの小林麻央さん(34)。ブログは更新する度に反響を呼び、アメーバブログ(芸能人・有名人ブログ)では総合ランキング1位をキープしている。

 その内容は驚くほど詳細だ。ともすれば、諸々の記述から本人が明かしていない「ステージ」等を勘ぐられる可能性もあるが、麻央さんは精力的に自身の体験や心境をつづり、更新ペースを緩めない。

■「乳がん」に加え「脇のしこり」も公表

 病気について本格的に書き始めたのは9月7日のこと。以来、タイトルに番号をふりながら、これまでのことを振り返っている。がん発見までの経緯は次のとおりだ。

 2014年2月の人間ドックで左乳房に腫瘍が見つかったが、別の病院で受けた再検査では「癌を疑うようなものではない」と診断された。以降は忙しい日々を送り、念のために受けようと考えていた8月の半年後検査も受けられずじまいに。それから2か月後の14年10月、自己チェックでしこりを発見。すぐに生検を受けたところ、医師から「95%、癌です」と告げられた――。

 麻央さんはがんの進行度を表す「ステージ」こそ公表していないが、14日更新のブログでは、14年10月の検査時点で「脇のしこり」も見つかっていたことを告白。医師に転移の可能性を尋ねたことも明らかにしている。

 夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)は16年6月の会見で「進行性がん」「手術に向けて抗がん剤治療を続けている」などと説明しており、諸々の情報を統合すれば、ある程度の「見当」がついてしまいかねない。実際、ネット上には憶測に基づいた病状を「真実」らしく書き連ねたページも散見される。

 そもそも変えられないつらい過去を思い返す作業自体、相当な精神的負担を伴うことでもあるはずだ。「だんだん、おもちゃの音も、息子の声も、遠のいていきました」「れいか(編注:娘)とかんげん(同:息子)の顔が浮かび、我慢したけれど、ポタリと涙が流れた」といった記述は、スラスラ書けはしないだろう。それでも麻央さんは書くことをやめず、毎日少しずつ自身に起きた出来事を打ち明けている。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)18時13分

J-CASTニュース