ここから本文です

米津玄師「LOSER」MV初上映は渋谷のビルで、特定したファン喜ばせる

音楽ナタリー 9月16日(金)4時0分配信

米津玄師の新曲「LOSER」のミュージックビデオの初上映が、昨日9月15日に東京・渋谷で行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

米津は9月14日にSNSにて「ちょっとした企画をやります。みんなよろしく」と上映を告知し、15日正午に公式LINEアカウントにて上映場所のヒントとなる写真の投稿を開始した。上映の舞台となったのはバスケットボールストリートにあるビルの壁面。日の落ちかけた17時頃から壁面にはイメージビジュアルが照射され、場所を特定したファンや道行く人々の注目を集めていた。

またこの模様はLINE LIVEでも中継され、米津はMV放映を前にファンに向けた音声配信を行った。日の入りと共にカウントダウンが始まり、会場は大きな盛り上がりを見せる。その後カウントダウンがゼロになると「LOSER」のMVが壁一面に投影され、現地のファンを喜ばせた。

なお米津はこのMVの中でダンスを初披露。振り付けは、日本人として初めてシルク・ドゥ・ソレイユのダンサーとして活躍した辻本知彦が担当した。彼は米津のダンスについて「彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている」とコメントしている。「LOSER」は9月28日に両A面シングルとしてリリースされる。

辻本知彦 コメント
彼の踊り方は万人に一人の芸術性を持っている。
さらに頭が良い、そして無邪気だ、がむしゃらに踊った時は身体のコントロールがきかない程踊ってしまう。だが人を引き込む力「魅力」がそこに存在する。
身体のうねりが流れとなり腕を通り米津玄師の綺麗な指先へ流れこむ、惚れ惚れする程美しいと思いました。
うまい踊りとは… うまい踊りとは…
私の中で彼のことをいうのではないだろうか!!

彼は踊りの天才だ!!!!

最終更新:9月16日(金)4時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。