ここから本文です

日清「謎肉祭」売れすぎ、3日で販売休止 「品薄商法では?」の疑問を製造元に聞く

J-CASTニュース 9月16日(金)18時22分配信

 食品大手の日清食品ホールディングス(HD)は、傘下の日清食品が2016年9月12日から販売している「カップヌードルビッグ『謎肉祭』肉盛りペッパーしょうゆ」の販売を一時休止すると、15日に発表した。

 発売したばかりだが想定を上回る売れ行きで、1か月分と見積もっていた在庫(出荷分)がわずか3日で底をついた。

■「カップヌードル」発売45周年の記念商品

 日清食品HDによると、「カップヌードルビッグ『謎肉祭』肉盛りペッパーしょうゆ」(希望小売価格は税別205円)の販売の一時休止(出荷停止)は、「当初の販売計画を大幅に上回り、十分な供給量が確保できなくなったため」という。

 9月12日に発売したばかりだが、売れすぎで、1か月分と見積もっていた出荷数量(在庫)がはけてしまい、供給が追いつかなくなった。

 「カップヌードルビッグ『謎肉祭』」は、世界初のカップ麺「カップヌードル」の発売45周年を記念して、9月18日の45回目の「バースデー」のタイミングにあわせて12日に発売された、約1か月のスポット商品。

 「45周年の感謝の気持ちを込めて、『謎肉祭』 開催!」と銘打ち、かつてカップヌードルの具材として用いられ、現在でも一部のカップヌードルやスープヌードルに用いられている具材で、消費者のあいだで「謎肉」(ダイスミンチ)と呼ばれる「味付け豚ミンチ」を、通常のカップヌードルビッグの10倍も入れた。

 味付けは、そんなたっぷりの「謎肉」からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えた。パッケージデザインにも凝り、記念商品らしい「お祭り感」を演出するなど、9月5日の発表以来、インターネットでも、ちょっとした話題になっていた。

  「謎肉が通常の10倍!なんかテンション上がっちゃう」
  「ちょっと、食べてみたくなるw」

などといった具合。

 それが発売日の12日にはすでに、

  「近所のコンビニにもない。別の場所も当たって合計12か所ほど見て回ったけど撃沈。田舎だからかな...」
  「ないわ。たしかになかった。こんなに人気だとは...」
  「『スーパーで売ってた』というツイートを見かけて、近所のスーパーを回ったら、ビンゴ! ゲットしました!! 」
  「食べた。確かに謎肉ぎっしりだった」
  「ぎゃああああ~、お湯を入れた状態の写真をアップしてる人。やめてくれぇ」

などと、手に入れた人のうれしそうな声と、手に入らなかった人の落胆の声が錯綜している。

1/2ページ

最終更新:9月16日(金)18時47分

J-CASTニュース