ここから本文です

トヨタ、米国の非営利団体と連携…自動運転の研究強化

レスポンス 9/16(金) 9:15配信

トヨタ自動車が2016年1月、米国に設立した人工知能技術の研究・開発を行うToyota Research Institute, Inc.(以下、TRI)は9月15日、ロボティクスや自動運転の研究において、米国の非営利団体Open Source Robotics Foundation(以下、OSRF)と連携すると発表した。

OSRFは、米国の非営利団体。ロボティクス研究および教育に使われるオープンソースのソフトウェアの開発、配布、利用促進活動を行っている。

今回TRIは、OSRFが新たに営利企業として設立したOpen Source Robotics Corporation(以下、OSRC)と2年間の契約を締結。OSRCの技術チームが、ロボット工学やソフトウェア技術等に関し、TRIの研究活動を支援する。

トヨタの狙いは、既存の自動車産業の枠を超え、より広範なモビリティ企業へと発展すべく、TRIのロボティクス・自動運転研究を一層強化すること。

同時にTRIは、OSRFが行っているオープンソースのロボット関連ソフトウェア開発・利用促進活動を支援するため、OSRFに100万ドルの助成を行う。

TRIのギル・プラットCEOは、「トヨタは顧客により良い移動手段を提供すべく、取り組んでいる。OSRCの卓越した知見や優れた技術プラットフォームを、我々の研究活動の根幹を支えるものとして取り入れていく。また、オープンソース化でロボット産業の発展を加速させようとするOSRFの取り組みを、支援できることをうれしく思う」とコメントしている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9/16(金) 9:15

レスポンス

なぜ今? 首相主導の働き方改革