ここから本文です

日本は3位→15位に後退/世界女子アマチーム選手権 2日目

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9月16日(金)12時19分配信

メキシコのマヤコバ・エル・カメレオンGCとイベロスター・プラヤ・パライソGCで開催中の「世界女子アマチュアチーム選手権(第27回 エスピリトサントトロフィー)」の2日目。畑岡奈紗(ルネサンス高3年)、新垣比菜(沖縄・興南高3年)、松原由美(大阪学院高3年)が出場する日本はそろってスコアを落とし、団体戦の順位を3位から15位に大きく下げた。



ともに初日を1アンダーの7位タイで滑り出した畑岡は「76」、新垣は「78」と崩れ、それぞれ通算3オーバーの26位、通算5オーバーの38位に後退。30位から出た松原は「77」と落とし、通算7オーバーの50位タイに後退した。

各日上位2人のスコアを採用する団体戦で首位を走るのは通算13アンダーの韓国。2位のスイスに7打差をつけて独走態勢を築いている。日本はこの日、「76」と「77」が採用されて9オーバー。通算7オーバーとなり、上位との差は大きく開いた。なお、大会は4日間の日程で行われる。

最終更新:9月16日(金)12時19分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。