ここから本文です

【TGS2016】『CoD: Infinite Warfare』VR試遊はまるでフライトシム!がらっと印象が変わるゲームプレイに

インサイド 9月16日(金)7時30分配信

2016年9月15日~18日に開催されている「東京ゲームショウ2016」、世界中から数多くのゲームタイトルが出展されている本イベントですが、今回はソニー・インタラクティブエンタテインメントのブースに登場していたPS4/Xbox One/PC『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア(Call of Duty: Infinite Warfare)』のプレイレポをお届けします。

【関連画像】

『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』は、『コール オブ デューティ』シリーズ最新作となるFPSです。本作の舞台はSFのような未来になっており、連合軍と狂信的な敵集団「SDF」の戦いが描かれます。

https://www.youtube.com/watch?v=2yLHgJWvT1I

本作は、マルチプレイで遊べる試遊台と、PlayStation VR(PS VR)で遊べる試遊台の2種類が展示されていました。今回はPS VRの試遊台をプレイしたのですが、その内容は「SHIP ASSAULT」トレーラーの序盤で公開されている場面に似た、戦闘機で戦うフライトシミュレーターのようなステージでした。

まずプレイヤーは戦闘機に乗り、搭乗する母艦「レトリビューション」のセンサーが破損したことを調査しに行きます。原因はデブリのため、周囲のそれらを機関銃とミサイルで破壊。しかしその最中、未確認舞台が突如現れて攻撃をしかけてきます。

VRは360度すべてを見回すことができるため、各種計器やスロットなども作りこまれており、コクピットの臨場感はかなりのもの。また、ミサイルを撃つなど基本的な動作はコントローラーで行い、視点移動は自分の顔を動かして行うということで、フライトシミュレーターのようでありつつも操作は簡単でした。

やはり単なるコントローラーでプレイする以上の没入感があるため、パイロット気分がものすごく盛り上がります。『コール オブ デューティ』としては意外なVR対応ではありますが、より世界に入り込みたいという場合にはもってこいでしょう。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
『コール オブ デューティ インフィニット・ウォーフェア』は2016年11月4日発売予定です。

(C) 2016 Activision Publishing, Inc. ACTIVISION, CALL OF DUTY, and CALL OF DUTY INFINITE WARFARE are trademarks of Activision Publishing, Inc.

最終更新:9月16日(金)7時30分

インサイド