ここから本文です

SW「ローグ・ワン」ポスター到着、“EP4の10分前までを描く”噂に監督が言及

映画ナタリー 9/16(金) 5:00配信

「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフ「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のティザーポスタービジュアルが到着した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作で描かれるのは、「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」と「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」をつなぐ物語。エピソード4にてレイアがR2-D2に託したことで知られる帝国軍の要塞“デス・スター”の設計図を手に入れるというミッションに、反乱軍の寄せ集め極秘チーム“ローグ・ワン”が挑む。フェリシティ・ジョーンズ、ディエゴ・ルナ、ドニー・イェン、フォレスト・ウィテカー、マッツ・ミケルセン、チアン・ウェンが出演に名を連ねる。

今回到着したティザーポスターには、美しい浜辺に立つ主人公ジン・アーソが。その背景には完成目前のデス・スターが捉えられており、タイトルロゴの上部には「すべては、ここから始まる。」というコピーが添えられた。

なお同時に、本作の監督ギャレス・エドワーズのコメントも到着。米国メディアにて「(本作は)エピソード4のオープニングの10分前までを描いている」と報道されたことについて、「『ローグ・ワン』が『新たなる希望』につながる出来事を描いていることは確かだ。『新たなる希望』の冒頭にどこまで近いかと言うと……いや、やめておくよ、ネタバレになるといけないから。どこまで直前なのかは、本作を観てその目で確かめてほしい」と述べている。

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」は12月16日より全国ロードショー。



(c)Lucasfilm 2016

最終更新:9/16(金) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]