ここから本文です

ゲームアプリへのテレビ広告出稿額は2年間で1.7倍に~App Annieと電通、共同調査を実施

MarkeZine 9月16日(金)12時30分配信

ゲームアプリへのテレビ広告出稿額は2年間で1.7倍に~App Annieと電通、共同調査を実施

画像

 App Annie(アップアニー)と電通は、日本のゲームアプリのテレビ広告に関する調査(第2回)を実施した。ビデオリサーチ、電通およびApp Annieのデータをもとに、ゲームアプリのテレビ広告への支出額の推移や、ダウンロード数や収益へ与える影響などを調査した。

 エンゲージメントが高く、アプリ内課金に積極的な日本のモバイルゲームプレイヤーはパブリッシャーにとって魅力的だが、2015年のモバイルゲーム収益のうち約90%は日本のパブリッシャーが上げたものであった。しかし、海外の企業にも、ローカライズと認知度を重視した施策を展開することでチャンスはある。

 その一つの解が、成長中のアプリにとって重要なユーザー獲得手段であるテレビ広告だ。日本では、新作および比較的古いゲームの潜在的なプレイヤーを再エンゲージするチャネルとして利用されることも少なくない。その裏付けとして、ゲームアプリへのテレビ広告出稿額(関東、関西、名古屋3地域の合計)は2013年から2015年の2年間で1.7倍に増加しており、日本のゲームアプリ市場においてテレビ広告の重要度が増すと同時に、テレビ広告はゲームパブリッシャーが認知度を確立するツールとして重要度を増している。

 また日本では一般的に、テレビ広告キャンペーンを開始してから1か月以内はダウンロード数の方が収益より増加幅が大きく、収益の増加幅約25%に対してダウンロード数の増加幅は約225%近くに達している。比較的古いゲームでは、ユーザーの再エンゲージメントにおいてテレビ広告が非常に重要な役割を果たしている。日本のモバイルゲーム市場に参入してから少し時間が経ったPuzzle & DragonsやMonster Strikeのようなゲームはまだ、テレビ広告を活用し、収益を上げ続けている。

最終更新:9月16日(金)12時30分

MarkeZine

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]