ここから本文です

坂本冬美“結婚ネタ”封印します 30周年リサイタルで宣言

デイリースポーツ 9月16日(金)6時0分配信

 歌手の坂本冬美(49)が15日、東京・NHKホールで歌手生活30周年記念リサイタルを行い、結婚ネタ封印を宣言した。親友で歌手の伍代夏子(54)に「痛い!」と言われているといい、「結婚ネタは卒業しようと思っています。いや、独身を貫くと言ってるんじゃないですよ。封印します。もう二度としゃべりません」と誓った。

 ライブは1987年のデビュー曲「あばれ太鼓」からスタート。「また君に恋してる」「火の国の女」「夜桜お七」などの代表曲や、“育ての親”という二葉百合子(85)の「岸壁の母」、中島みゆき(64)の「誕生」といったカバーなど全20曲を熱唱。「この先も35、40年と息が長く元気に歌っていきたい」と語っていた。

最終更新:9月16日(金)7時11分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。