ここから本文です

日産米国販売6.5%減、SUVは18%増 8月

レスポンス 9月16日(金)10時0分配信

日産自動車の米国法人、北米日産は9月上旬、8月の米国新車販売の結果を明らかにした。総販売台数は12万4638台。前年同月比は6.5%減と、3か月ぶりに前年実績を下回った。

画像:日産の米国主力車

12万4638台のうち、乗用車は前年同月比24.6%減の5万7791台と減少傾向。一方、SUVなどのライトトラックは、前年同月比17.9%増の6万6847台と好調。

日産ブランドの8月実績は、11万4199台。前年同月比は6.9%減と、3か月ぶりに減少した。乗用車系では、主力車種の『アルティマ』(日本名:『ティアナ』)が、1万9646台。前年同月比は39.2%減と、2か月連続のマイナスとなった。『セントラ』は1万4256台を販売。前年同月比は9%減と、3か月ぶりに減少した。『ヴァーサ』は1万0585台で、前年同月比は28.8%減と、4か月ぶりのマイナス。2015年6月に新型を投入した『マキシマ』は、前年同月比42.7%増の6064台と、11か月連続のプラス。

ライトトラック(SUV/ピックアップトラック/ミニバン)系では、小型SUVの『ローグ』(『エクストレイル』の兄弟車)が、8月の新記録の3万2979台を販売。前年同月比は19.2%増と、25か月連続で増加した。小型ピックアップトラックの『フロンティア』は、161.6%増の9537台と8か月連続で増加。新型を投入した『ムラーノ』は、29%増の7482台と8月の記録を更新する。

インフィニティブランドは、前年同月比1.8%減の1万0439台と、2か月連続で減少。主力の『Q50』(日本名:日産『スカイライン』)は3745台にとどまり、前年同月比は2.4%減と、4か月連続のマイナス。SUVの『QX60』は、前年同月比18.2%減の3268台と、2か月連続で減少した。『QX50』(日本名:『スカイラインクロスオーバー』)は、改良新型モデル投入の効果で、前年実績のおよそ5倍の1200台と大幅増が続く。

日産自動車の2015年米国新車販売は、前年比7.1%増の148万4918台と新記録。2016年1-8月は、前年同期比5.4%増の105万5227台を売り上げている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:9月16日(金)10時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]