ここから本文です

【中日】大島が球団提示額次第でのFA移籍示唆「契約年数より金額」

スポーツ報知 9月16日(金)5時3分配信

 今季、国内フリーエージェント(FA)権を取得した中日・大島洋平外野手(30)が15日、球団が提示する金額面に納得できない場合は、FA移籍に踏み切ることを明言した。「ドラゴンズと話をして納得するなら(残留してチームを強く)変えたいと思うだろうし、そうならなければ評価してもらえるところ(球団)になる。年齢的にまだまだやれると思っているので、契約年数より金額(が重要)」と、ナゴヤDでの練習後、注目発言を行った。

【写真】落合GM、オレ流ドラフトでスカウトと今年も大もめ!?

 淡々とした言葉に強い意思をにじませた。いまだ球団からは残留交渉の申し出がないことを明かし、プロである以上は、金銭面の評価が去就の物差しになると説明。「お金じゃない部分も多少あるが、いい評価をしてもらえるところに行きたい」と、地元・名古屋出身の生え抜きが、移籍も辞さないことを強調した。

 さらに「同じ条件だったり、多少の差だったら残るけど…」と、他球団の評価を聞いて比較するためのFA宣言を前提とした考えも披露。大きな差がなければ中日が認める宣言残留となるが、数千万円の開きがあるなら移籍する方向性まで示した。

 今季年俸は9000万円で、獲得には補償が必要なBランクとはいえ、走攻守の三拍子がそろうリードオフマンとしては格安感がある。14年オフの契約更改交渉では2度保留するなど、球団の評価には潜在的な不満もある。すでに白井オーナーは、同じく国内FA権を持つ平田も念頭に「(残留してほしいが)予算があるわけではない。金持ちじゃない」とマネーゲームには応じない旨を示している。大島が権利を行使すれば、阪神など複数球団が獲得に動く可能性が高い。

 ◆大島 洋平(おおしま・ようへい)1985年11月9日、名古屋市緑区出身。30歳。小学4年から野球を始め、扇台中では東海チャレンジャー(東海ボーイズ)に所属。享栄高、駒大、日本生命を経て2009年ドラフト5位で中日入り。12年に盗塁王、ベストナイン。14年に球団最多タイの186安打。今年7月20日の広島戦(マツダ)でサイクル安打達成。176センチ、74キロ。左投左打。既婚。

 ◆FAランクと補償

 所属球団の年俸順で外国人選手を除く上位3位までがAランク、4~10位がBランク、11位以下がCランク。Aの選手を獲得した場合、旧年俸の50%と選手1人を旧球団に補償する必要がある。Bの場合は同40%と1人。旧球団が人的補償を求めなかった場合は、金銭補償がAで80%、Bで60%に増える。Cの選手は補償の必要がない。2度目のFA選手の場合は金銭補償の割合が半分となる。

最終更新:9月16日(金)7時53分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]