ここから本文です

もっと知りたい北方領土(1)北方四島の大きさを本州の地図に重ねてみると…

THE PAGE 9/26(月) 15:32配信

 終戦から71年経過しましたが、いまだに解決していないのが、不法占拠されたままとなっている北方領土の問題です。ことしは、平和条約締結後に歯舞群島、色丹島の引渡しを決めた1956年の「日ソ共同宣言」からちょうど60年の節目になりますが、まだ平和条約も、北方4島の返還も実現していません。そうした中、9月に行われた日露首脳会談で、12月にプーチン大統領の来日が決まり、領土交渉の進展が期待されています。

【連載】もっと知りたい北方領土

 あらためて、北方領土とはどんな場所なのか、どのような自然や産業があったのか。どのような生活を送っていたのか。そして、4島をめぐる今の人々の思いなどを、紹介していきます。

 第1回は、北方領土の大きさや面積など地理的なデータです。

総面積は県サイズ では日本で最も大きい島は……

 北方領土とは、北海道本島の北東洋上に連なる「歯舞(はぼまい)群島」「色丹(しこたん)島」「国後(くなしり)島」「択捉(えとろふ)島」の島々を指します。地質学的には、歯舞群島と色丹島は、北海道本島の東南部にある根室半島の延長になります。一方、国後・択捉両島は、千島列島とともに、ユーラシア大陸北東部のカムチャッカ半島に至る約1200キロの弓上に連なる火山列島に位置します。

 では、北方領土の大きさはどのくらいあるのでしょう。最も小さい歯舞群島は95平方キロメートル、北方4島の総面積の中では1.9%分ですが、小笠原諸島(104平方キロメートル)と同程度の広さがあります。2番目に小さな色丹島は、北方4島のうち5.0%分にあたる249平方キロメートルです。こちらは徳之島(248平方キロメートル)と同じくらいになります。

 国後島は全長122キロあり、面積は1489平方キロメートルにのぼります。沖縄本島(1207平方キロメートル)より広く、本土(北海道本島・本州・四国・九州)を除くと、日本で2番目に大きい島になります。北方4島総面積の29.8%を占めます。

 それでは、日本で最も大きい島はどこなのでしょうか?

 実は、日本最大の島(本土を除く)は択捉島です。その全長は204キロ、広さ3167平方キロメートルあり、これは鳥取県(3507平方キロメートル)の広さに近く、北方4島の中では63.3%分になります。

 その北方4島合わせた総面積は、5003平方キロメートルです。これは47都道府県の面積で比べた場合、どのくらいの広さになるのでしょう。ちょうど、全国28番目の面積である千葉県(5158平方キロメートル)と、29番目の福岡県(4986平方キロメートル)の間に相当する大きさとなります。

1/2ページ

最終更新:9/29(木) 12:46

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。