ここから本文です

英以外のEU、初の首脳会合へ 難民政策で溝も

朝日新聞デジタル 9月16日(金)0時38分配信

 欧州連合(EU)離脱を決めた英国を除く27加盟国が16日、スロバキアの首都ブラチスラバに集まり、初の首脳会合を開く。EUの結束を確認する一方で、国境管理の強化や経済成長などを話し合うが、難民や経済政策をめぐって各国の溝が浮き彫りになる可能性もある。

 EU首脳会議のトゥスク常任議長(大統領に相当)は、首脳会合前に加盟国にあてた書簡で「英国の離脱を英国特有の問題だと片付けるのは致命的な誤り」と指摘。昨年の難民危機への対応の遅れが市民の不信感を招き、英国の離脱につながったとの反省から、EU域内外の国境管理や防衛力の強化に最優先に取り組む姿勢を示した。

 会合に先駆け、EUの行政を担う欧州委員会は共同の軍事作戦を統括する「欧州司令部」を創設する方針も打ち出した。独仏国防相も防衛協力の強化を共同提案していることから、具体化に向けた話し合いが始まるとみられている。

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)0時38分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。