ここから本文です

里山の野外出店楽しんで 10月1、2日 秋葉区

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9/16(金) 13:53配信

 里山の豊かな自然を満喫しながら、飲食店や雑貨店などの野外出店を楽しむ新潟市秋葉区のイベント「秋葉小夏」が10月1、2の両日、秋葉湖周辺で行われる。今年は35店舗が出店するほか、新たな試みとして、会場や県内の加盟店で提示すれば各種サービスが受けられるパスポートを作成した。売り上げはイベントの運営資金に充てる。

 秋葉小夏は、区民らでつくる実行委員会の主催で今年で3回目。昨年は約3千人が訪れた。

 秋葉小夏では、雑貨店で陶器製品や木工雑貨などを販売。飲食店では天然酵母パンや地元食材を使ったカレーなどを味わえる。

 会場の秋葉湖までは、秋葉区役所駐車場からシャトルバスを運行する。

 一方、実行委が初めて作成したパスポートは、秋葉小夏の会場や地元商店街などで12月25日まで使える。

 対象加盟店は現在約40店。店舗で提示すれば、値引きや粗品のプレゼントといったサービスが受けられる。

 パスポートを購入した秋葉区の主婦は「好きなイベントを応援したいと思って購入した。まだ行ったことのないお店との出合いを楽しみたい」と話した。

 パスポートは1枚2千円。問い合わせは実行委の小林さん、090(4286)2946。

最終更新:9/16(金) 13:53

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ