ここから本文です

ベッテル「獲得可能なら検討すべき」メルセデスAMG技術トップ、フェラーリ移籍はあるか

TopNews 9月16日(金)22時53分配信

メルセデスAMG技術部門のエグゼクティブディレクターであるパディ・ロウが、フェラーリ移籍のうわさを否定した。

フェラーリはテクニカルディレクターのジェームス・アリソンが7月に離脱し、エンジン部門の責任者だったマッティア・ビノットがその後任に就いている。

これは暫定措置であり、フェラーリはロウの獲得をねらっているとイタリアの『La Stampa(ラ・スタンパ)』紙は伝えている。

■うわさについてベッテルは

F1シンガポールGP(18日決勝)を前に、ロウのうわさについて聞かれたフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、こう答えた。

「彼のように力のある人が(契約上)獲得可能なら、もちろん検討しなきゃならない」

「でも、僕の知る限り、彼の獲得は不可能だ」

しかし、ドイツの『Auto Motor und Sport(アウト・モートア・ウント・シュポルト)』は、ロウの現在の契約は今年末で切れると伝えている。ただし、移籍した場合は半年間の「ガーデニング休暇」を消化しなければならないだろうと見ている。

■移籍を考える理由がないとロウ

ロウは、うわさについて次のように答えた。

「私はフェラーリに話を持ちかけていないし、彼らも私に話を持ちかけてはいない」

「私は今いる場所で満足だ。素晴らしいチームで素晴らしい人々と働き、トト・ヴォルフ(ビジネス部門のエグゼクティブディレクター)ともうまくやっている。何かを変える理由はない」

最終更新:9月16日(金)22時53分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。