ここから本文です

位置情報とカメラ映像が連動、現場管理を低コストに実現

スマートジャパン 9月16日(金)6時10分配信

 凸版印刷は、作業員の氏名や位置などの識別情報とカメラ映像を連動させた作業者管理システム「BLE/NVR監視サービス」を開発した。建設現場などの屋外向けに低コストで構築できる作業者管理システムとして、2016年9月から評価版の提供を開始し、2017年3月から本格的に販売する計画だ。

 建設現場では安全性やセキュリティの観点から、作業者の厳格な現場入退管理が求められている。しかし監視カメラの映像だけでは作業者の特定や位置確認などまでは行いにくく、作業者にICカードなどをかざしてもらう入退室管理システムは現場の負荷になるなど、複数の課題があった。今回開発したBLE/NVR監視サービスはこうした現場管理の課題に向けたものだ。

 同サービスはBluetooth Low Energy(BLE)に関する技術を持つPinmicro社と、ネットワークカメラの映像をIPネットワーク経由で録画するNetwork Video Recorder(NVR)の技術を持つNEXPOINT社と共同開発した。作業員の氏名や位置などをBLEセンサーで検知し、その情報を監視映像と連動させることで、作業者の位置情報を高精度に取得、管理できる。

 例えば建設現場に適用する場合、監視カメラにBLEセンサーを組み込んだ装置を設置し、作業者にはID証として、カード型のBLE端末を付与する。作業者が近づくとセンサーが自動的に検知し、誰が何時にどこにいたのかが記録される。この情報はタブレット端末やPC上からリアルタイムに確認できる。さらにネットワーク監視カメラと連動し、監視カメラの映像にセンサーが読み取った作業者の情報を同時に表示させることで、人物特定や確認も簡単に行えるとする。

 従来のICカードによる管理システムと異なり、作業者はICカードリーダーにカードを読み取らせるなどの動作が必要ない。従来のアクティブタグやWi-Fiを利用した管理システムと比較し、ハードウェアやシステム導入のコストを約50%削減できるメリットもあるとしている。

 サービスの予定価格は、初期導入費用が20万円から。ハードレンタル費用は月額3万円、サービス利用料は1件につき月額250円からとしている。設置するセンサーの数や、対象人数などによって価格は変動する。

最終更新:9月16日(金)6時10分

スマートジャパン