ここから本文です

シニア1年目のマークセンが単独首位に浮上

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 9/16(金) 17:38配信

◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープンゴルフ選手権競技 2日目(16日)◇習志野カントリークラブ キング・クイーンコース(千葉県)◇6938yd(パー72)

2位から出たツアールーキーのプラヤド・マークセン(タイ)が3バーディ、2ボギー「71」と1つ伸ばし、通算5アンダーの単独首位に浮上して週末へ折り返した。



通算4アンダーの2位に、この日のベストスコア「66」をマークした渡辺司、「74」と落として首位から後退したピーター・ファウラー(オーストラリア)のほか、小溝高夫、秋葉真一、室田淳の5人が続く。

通算3アンダーの7位に、こちらもルーキーの鈴木亨が「69」と伸ばして16位から浮上。前年優勝の平石武則は通算イーブンパーの13位、倉本昌弘は通算2オーバーの19位、賞金ランクトップの崎山武士は通算4オーバーの31位で決勝ラウンドに進んだ。

最終更新:9/18(日) 17:51

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)