ここから本文です

なすび エベレスト登山よりも「懸賞生活」の方がキツい

リアルライブ 9/16(金) 12:17配信

 タレントのなすびが、15日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」で、エベレスト登山よりも「懸賞生活」の方が「キツい」と告白し、「もう一回懸賞生活やれって言われたら、エベレスト100回登ります」と明かした。

 なすびは、2013年に東日本大震災で被災した故郷・福島県の復興を祈願し、エベレスト登山に挑戦。雪崩や大地震の影響などで3度登頂を断念したものの、2016年5月には4度目の挑戦で、エベレスト登頂に成功した。

 また、なすびといえば、1998年、日本テレビで放送されていた伝説的なバラエティー番組「進ぬ!電波少年」で、必要なものを全て懸賞で当てて生活する「懸賞生活」に挑戦。過酷な状況の中、懸賞だけで1年3か月生活した。

 ダウンタウンの松本人志が「次挑戦するとしたら懸賞生活やね」と振ると、なすびは「いやいや…懸賞生活とエベレスト登山比べたら、懸賞生活の方がキツい」と告白し、「もう一回懸賞生活やれって言われたら、エベレスト100回登ります」と明かした。

 出演していた芸能人たちは「え~」とザワつき、松本も「そんなキツかったんや」と驚いていた。

最終更新:9/16(金) 12:17

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]