ここから本文です

KOから10秒で電光石火の先制弾、ELで史上最速ゴール生まれる

ISM 9/16(金) 9:04配信

 現地時間15日に行なわれたヨーロッパリーグ(以下EL)グループリーグ第1節で、大会史上最速ゴールが生まれた。

 新記録が生まれたのは、グループJのカラバフ(アゼルバイジャン)対スロヴァン・リベレッツ(チェコ)の一戦。ゴール前に走りこんだリベレッツのヤン・シコラが、ルーズボールを拾って低い弾道のシュートでネットを揺らし、電光石火の先制点を挙げた。試合は2対2で終了している。

 UEFA(欧州サッカー連盟)の発表によれば、ゴールはキックオフから10.69秒と記録され、これはEL史上最速とのこと。これまでの記録は、2014-2015シーズンのラウンド16で、セビージャのビトロがビジャレアル(以上スペイン)相手に記録した13.21秒でのゴールだった。

 なお、チャンピオンズリーグにおける最速ゴールは、元オランダ代表ロイ・マカーイ氏がバイエルン(ドイツ)時代の2007年レアル・マドリー(スペイン)戦で記録したもので、こちらは10.12秒となっている。(STATS-AP)

最終更新:9/16(金) 17:07

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]