ここから本文です

指月電機、村田製作所と資本提携 EV対応を強化

神戸新聞NEXT 9月16日(金)21時16分配信

 電子部品メーカーの指月電機製作所(兵庫県西宮市)は16日、同業大手の村田製作所(京都府長岡京市)と同日付で資本・業務提携を結んだ、と発表した。指月電機が保有する自己株式を10月3日付で村田に譲渡する。村田は指月電機の第2位の株主に浮上。電気自動車(EV)向けのコンデンサー開発・販売で協力を強化する。(西井由比子)

 指月電機は自己株式の390万株を村田に割り当てる。譲渡額は約22億円。村田の保有比率は発行済み株式総数ベースで1・73%(8位)から13・52%に拡大し、三菱電機に次ぐ主要株主となる。

 両社は提携で、市場拡大が見込まれるEV用のコンデンサーの競争力を強化したい考えで、双方の技術を持ち寄り、新製品の開発力を高める。

 具体的には、EVに使われる新素材コンデンサーの開発・製造販売会社を、秋田県羽後町に共同出資で10月に新設する。資本金は1億円で、出資比率は指月が35%、村田が65%。生産の一部を指月電機の既存現地工場に委託する方針で、生産設備を増強する。

 両社は2012年に株式を持ち合い、指月電機のフィルムコンデンサーと、村田のセラミックコンデンサーの技術を融合させた新素材コンデンサーの共同開発に着手した。製品化のめどがついたため、新会社で共同事業に乗り出すことにした。

 新素材は耐熱性に優れ、EV搭載システムの冷却機構を簡略化できるという。新会社の生産開始は「2、3年後になる見通し」(指月電機)としている。

最終更新:9月16日(金)21時29分

神戸新聞NEXT

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]