ここから本文です

神山健治「サイボーグ009」新シリーズ主題歌をMONKEY MAJIKが担当

映画ナタリー 9/16(金) 5:01配信

神山健治が総監督を務める3DCGアニメ「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」の主題歌を、ロックバンドMONKEY MAJIKが担当することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

石ノ森章太郎によるマンガをもとにする本作は、「009 RE:CYBORG」に演出として参加した柿本広大が監督を務め、「楽園追放 -Expelled From Paradise-」の齋藤将嗣がキャラクターデザインを手がけたオリジナルストーリーのアニメーション。キャストには河本啓佑、種田梨沙、福圓美里、佐藤拓也らが並び、収録した音声に合わせて絵を作るプレスコ方式が採用されている。

本作のために新曲「A.I am Human」を書き下ろしたMONKEY MAJIKは「僕たちMONKEY MAJIKは宮城を拠点に活動をしていますが、作者・石ノ森章太郎先生は同郷であり、宮城の誇りでいらっしゃいます。先生の作品に対しては特別な想いを抱いており、世界中から愛されるこの作品に携われることを、とても光栄に思っています」とコメント。また今回、MONKEY MAJIKと、島村ジョー、フランソワーズ・アルヌールが並ぶ齋藤描き下ろしのイラストも発表された。

全3章からなる「CYBORG009 CALL OF JUSTICE」は、11月25日より各章2週間限定で順次上映。なお、主題歌が流れる予告編が明日9月17日10時に公式サイトにて公開される予定だ。

MONKEY MAJIK コメント
主題歌決定に関して
自分たちが生まれる前から続く大作アニメ「サイボーグ009」の最新作の主題歌を制作できるなど想像もしていませんでした。僕たちMONKEY MAJIKは宮城を拠点に活動をしていますが、作者・石ノ森章太郎先生は同郷であり、宮城の誇りでいらっしゃいます。先生の作品に対しては特別な想いを抱いており、世界中から愛されるこの作品に携われることを、とても光栄に思っています。

タイトルに込めた思い
作品を全て拝見し、人の心とサイボーグの身体を持つ主人公の葛藤、ゆえに抱く正義や愛を感じていました。
その狭間に抱く想いをA.I.(=サイボーグ)am Human(=人間)として、タイトルに託しました。

聴きどころ
世界を救うために立ち上がるスーパーヒーローの力強さ、疾走感を感じられる仕上がりにしたいと思っていました。また、世代を超えて長年愛されるアニメですので、ブレイクポイントとサビに、70~80年代らしいノスタルジックな要素を入れました。

楽曲制作時のエピソード
体が変わっても、自分の心の中にある光や勇気をフォーカスすることで、人として輝いていられる。人間の最も難しいテーマでもあることを、できるだけ日本語と英語を交えてストレートに伝えられるよう、歌詞は何度も推敲しました。

柿本広大 コメント
MONKEY MAJIKさんの曲が持つ、優しさや強さの中に感じる一抹の哀しさが、まさにゼロゼロナンバーサイボーグ達の過去や悩みを連想させて、聴く度に胸が熱くなります。
オープニング曲、エンディング曲ともに作って頂いたことで、それぞれの曲が更に引き立てあい、サイボーグ009という作品自体がまるでひとつの綺麗な旋律になったように思いました。素晴らしい曲を本当にありがとうございます。







(c)2016「CYBORG009」製作委員会

最終更新:9/16(金) 5:01

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]