ここから本文です

『バイオハザード7 レジデント イービル』ステージリポート! 『グロテスクVer.』の発表に会場が湧いた【TGS 2016】

ファミ通.com 9月16日(金)2時51分配信

文・取材:編集部 ででお、撮影:カメラマン 平原克彦

●ふたりのキーマンが語る『バイオ7』の注目ポイントとは?
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。 初日となる9月15日にカプコンブースで行われた『バイオハザード7 レジデント イービル』ステージでは、プロデューサー・川田将央氏とプロモーションプロデューサー・神田剛氏が登壇。同ブースでプレイアブル出展されている『バイオハザード7 レジデント イービル』の開発陣トークが行われた。


●特報第1弾……新たな体験版『ランタン』の見どころは?
 まずは、体験版『BIOHAZARD 7 BEGINNING HOUR Twilight Ver.』の紹介から。これまでは、PlayStation Plus会員だけを対象に無料配信されていた『ビギニングアワー』が、本日2016年9月15日より、すべてのプレイステーション4ユーザーがダウンロード可能な『トワイライトVer.』が配信開始となった。


 そしてさらに、東京ゲームショウ2016でプレイアブル出展されている『BIOHAZARD 7 : Lantern』も紹介された。こちらは、gamescom 2016で一部のメディアを対象にクローズド出展されていたものとほぼ近い内容だが、一般公開されるのは今回が初めて。しかも、日本語対応バージョンでの出展となるのだ。『バイオハザード7』のさまざまな要素のうち、“追いつめられる恐怖”を徹底的に追求した内容となっているので、会場を訪れる方は、ぜひプレイしてほしい。なお、試遊台の一部では、プレイステーション VRを装着しての体験も可能だ。


●特報第2弾……最新トレイラー初公開!
 つぎにスクリーンに映し出されたのは、最新トレイラーである『BIOHAZARD 7 resident evil』 TAPE-2“ベイカー”。こちらの新トレイラーでは、道路を走る1台のクルマ、森の中にある古風な屋敷、そして通称“ファミパン親父”こと、謎の男の襲撃……など、恐怖に満ちたストーリー展開を予感させる内容となっていた。


 さらに、最新のスクリーンショットとともに本作の解説も行われた。これまでの体験版でも、『バイオ』らしいキーアイテムや仕掛け、そして銃器の存在が確認できたが、とくに注目が集まったのは、蓋の付いた謎の箱。「これがどんな箱なのかは、いまはまだ言わないでおきます」と川田氏は語っるが……『バイオ』シリーズファンなら、過去作に登場した“アイテムボックス”を想像するのではないだろうか? 「今後の続報にご期待ください!」とのことなので、いずれ明らかになるかもしれない。


●特報第3弾……CERO Z版『グロテスクVer.』も発売決定!
 このステージでいちばん盛り上がったサプライズ発表はコレ。なんと本作には、CERO Dのノーマルバージョンのほかに『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』の発売が決定したのだ。通常のバージョンでも十分怖そうだが、どうせならとことん振り切ったホラーを味わいたい! という方には『グロテスクVer.』がオススメだ。なお、記者はもちろん『グロテスクVer.』を購入予定(震え声)。

関連記事……『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』が発売決定!



 続いて、予約特典や限定版などの詳細も公開された。詳細は以下の通り。


予約特典

・パッケージ版 限定特典DLC
“Survival Pack: Shotgun Set”

・デジタル版 限定特典DLC
“Survival Pack: Recovery Set”


イーカプコン限定版

・『バイオハザード7 レジデント イービル COMPLLETE EDITION』
2017年1月26日発売
価格:16490円+税
《限定版セット内容》
1)ゲームソフト『バイオハザード7 レジデント イービル』
2)イーカプコン限定書籍『バイオハザード7 インサイドレポート』
3)イーカプコン限定グッズ
数量限定特典:“Survival Pack: Shotgun Set”
対応ハード:プレイステーション4/Xbox One


デジタル版の『デラックスエディション』も予約開始

・『バイオハザード7 レジデント イービル』
・『バイオハザード7 レジデント イービル グロテスクVer.』
・本編と今後情報が明らかになるエクストラゲームコンテンツ、追加シナリオコンテンツをセットで収録。予約購入特典も付属(2017年1月25日まで)
プレイステーション4版……価格:9250円+税 2016年9月15日より予約開始
Xbox One版……価格:9280円+税 近日予約開始予定
PC版……価格:9280円+税 近日予約開始予定


●プレイステーション4 Proで4K/HDRに対応
 4K高解像度の緻密な画面と、HDRならではの豊かな表現が、“究極のホラー”をより忠実に再現する。「ものすごい迫力を生み出すと思います」と川田氏。最高の環境で『バイオ7』をプレイするなら、やはり4Kテレビで遊ぶべきか?

 最後は、川田氏の「『バイオ7』を心待ちにしていただいている皆様の期待に応えるべく、鋭意制作中です。発売日に間に合うようにがんばります」、神田氏の「これからは『バイオ』らしさをしっかりアピールしていきますので、今後も引き続きご注目ください」という言葉で、ステージイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。「新情報が待ちきれない!」という方は、バイオハザード アンバサダーに登録してみるのもいいだろう。



(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。

最終更新:9月16日(金)2時51分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。