ここから本文です

プロジェクションマッピング国際大会 新潟で16日開幕

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 9月16日(金)14時4分配信

 映像を建物に映し出す「プロジェクションマッピング」の国際コンペティションを中心としたイベント「にいがた☆MINATOPIKA2016」が16日から4日間、新潟市中央区の市歴史博物館(みなとぴあ)で行われる。15日夜には内覧会が開かれ、幻想的な映像が建物を彩った。

 文化創造都市としての魅力を広く発信するため、市などでつくる実行委員会が昨年に続いて開催。期間中、25の国と地域から選ばれた18作品と、世界的に活躍するクリエーターによる招待作品2本が上映される。

 15日は8作品が披露され、みなとぴあ本館にエジプトの神殿やアニメーションなどの映像が投影された。

 プロジェクションマッピング協会(東京)の石多未知行代表(41)は「これだけのレベルの高い作品を見られる所はない」と話した。

最終更新:9月16日(金)14時4分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ