ここから本文です

リーズナブルな3Dスキャナを業務用並みの高精度にするソフトを発売

MONOist 9/16(金) 6:55配信

 ポンタ研究所は、市販されている廉価な3Dスキャナと組み合わせて使うことで、プロ用や業務用の3Dスキャナに匹敵するほど読み取り性能が向上し、高精度の3Dデータが得られるソフトウェア「ポンタスキャナ」を開発。クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」を通じて発売した。

【その他の画像】

 同ソフトは、インテルのRealSense3Dセンサー「F200」を搭載した3Dハンディスキャナ、または「SR300」搭載の開発者向けキットと組み合わせて使用する。それにより、これらの1万数千~2万5000円程度で購入できる3Dスキャナで、プロ用・業務用3Dスキャナ並みの高精細3Dデータを得ることができる。

 同研究所の稲葉正和代表取締役は、東京大学の矢川研究室でフリーメッシュ法の研究に携わってきた。今回のソフト開発にあたっては、同大学の矢川元基名誉教授が考案したフリーメッシュ法の局所要素生成アルゴリズムに、独自の条件を追加したり変更を加えるなどして高精度スキャナソフトへ応用。高精度スキャニングに特化したソリッドな3次元Delaunay(デローニー)分割を可能にした。

 動作スペックは、Windows8.1以降、USB3.0ポート搭載のPCで、CPUは第4世代Core-i5 1.2Ghz以上、メモリは4GB以上となっている。

 CAMPFIREでの支援金額は1万円(プログラム本体のみ)で、2016年10月に届けられる予定だ。

最終更新:9/16(金) 6:55

MONOist