ここから本文です

【ホンダ フリード 新型】クラストップの広い室内空間を確保…188万円より

レスポンス 9月16日(金)11時36分配信

ホンダは、コンパクトミニバン『フリード』をフルモデルチェンジし、9月16日より発売。3列シート車の「フリード」、2列シート車の「フリード+」(フリードプラス)、福祉車両の3タイプを用意し多様なニーズに応える。

[関連写真]

新型フリードは、多彩なシートアレンジが可能な、コンパクトミニバンクラストップの広い室内空間を確保。1-3列目ヒップポイント間距離を先代フリードより90mm拡大し、全列で大人が快適に過ごせる広々したスペースになっている。また、スライドドア開口幅を20mm広げて665mmとし、ステップ高を15mm下げ390mmとすることで、乗降性を向上させた。

フリード+では、先代のフリードスパイクから荷室を185mm低くし、開口部地上高335mm(FF車)の超低床化を実現。6:4分割のダブルフォールダウン機構を採用し、車中泊も可能なフルフラット空間を確保でき、さらに軽量・高強度のユーティリティボードを使えば、セミダブルサイズのマットレスが敷けるフラットスペースができあがる。

パワートレインは、ガソリン車が1.5リットル直噴DOHC i-VTECエンジン+高効率CVT、ハイブリッド車は1.5リットルアトキンソンサイクルDOHC i-VTECエンジン+1モーター内蔵7速DCT搭載のスポーツハイブリッドi-DCDを採用。燃費(JC08モード)は、ガソリン車では19.0km/リットル、ハイブリッド車ではミニバントップレベルの低燃費27.2km/リットルを達成した。

価格はフリードが188万円から272万8200円、フリード+が190万円から274万8200円、福祉車両が240万円から272万2000円。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:9月16日(金)14時58分

レスポンス