ここから本文です

巨人高橋監督、村田失策に苦言「イージーなボール」

日刊スポーツ 9月16日(金)7時58分配信

<広島5-0巨人>◇15日◇マツダスタジアム

 巨人が凱旋(がいせん)の“引き立て役”になった。CSを見据えて戦うセ・リーグ覇者に0-5で完敗。投打守で圧倒されて白星を献上し、試合後のチャンピオンフラッグ贈呈式に花を添えてしまった。胴上げに続き、目の前で歓喜の瞬間を迎えられた高橋由伸監督(41)は「もうちょっと打ってくれないと。点を取らないと勝てない」と表情を硬くした。

 ルーキー岡田の前に、打線が沈黙した。1点ビハインドの5回2死三塁では、長野が内角150キロに見逃し三振。CSに向けたテスト登板で気合十分な若武者の、勢い十分な直球に差し込まれた。6回以降のリリーフ陣も崩せず4安打無得点。村田ヘッドコーチは「打撃陣に頑張ってもらわないと。寂しいわな」と奮起を求めた。

 投手陣も地力の差が出た。先発田口は粘り、5回以外は毎回走者を背負いつつ6回1失点にまとめた。だがブルペン陣がピリッとしない。6番手戸根が8回2死満塁で田中に走者一掃の適時二塁打を食らって、勝負は決した。前日14日の中日戦では2点リードを守護神沢村が9回に追いつかれ、延長11回4時間37分を戦い抜いた末に散った。シーズン終盤にきて、チームの屋台骨の投手陣が揺らいでいる。

 7回1死一、三塁では、三塁村田が真正面のゴロをはじいて、あっけなく追加点を許した。マツダスタジアムでの今季最後の広島-巨人戦。移動ゲームの疲労を差し引いても、CSファイナルSの“前哨戦”とは思えない凡ミスに、高橋監督は「村田からすればイージーなボールだったと思う。きっちりアウトを取らないと相手は優勝チームなわけですから(勝つのは)難しくなる」と断じた。残り12試合。投打守で見せつけられた王者との力の差を、少しでも埋めていきたい。【浜本卓也】

最終更新:9月16日(金)8時35分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]