ここから本文です

DJ市場に本格参入 31の新製品発表 ローランド

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月16日(金)8時11分配信

 ローランドは電子楽器などの新製品31機種とともに、欧米などで成長が見込まれるDJ市場への本格参入を発表した。

 同社初となるDJコントローラー「DJ―808」を、ヒップホップ系音楽を得意とするDJソフトウエアの「セラート社」(ニュージーランド)と共同開発し、今月下旬に国内、海外で売り出す。

 スクラッチ演奏のための回転盤、マイク音声を変化させる「ボイスエフェクター」などを備え、パソコンに収録したデータファイル(楽曲)を読み込み、再生しながら音を変化させて演奏する。想定価格は税込み18万3千円。初年度は7千台の販売目標を掲げた。

 新製品のうち、サックスをベースにした「エアロフォン」はリコーダー感覚で気軽に演奏を楽しめる新しい電子管楽器。音域の異なる4種類のサックスをはじめ、管・弦楽器やシンセサイザーなど40種の音色を内蔵した。想定価格は税込み8万5千円。10月上旬発売予定で、初年度販売目標は3500台。

 ほかに電子ドラム、電子ピアノ、ロック向けギターアンプなどもお披露目した。

静岡新聞社

最終更新:9月16日(金)8時11分

@S[アットエス] by 静岡新聞