ここから本文です

「仰げば尊し」の健太郎、“イケメン”ヤンキー役に初挑戦!『14の夜』

cinemacafe.net 9/16(金) 16:00配信

安藤サクラ主演『百円の恋』で松田優作賞グランプリをはじめ日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得した脚本家・足立紳が監督デビューを果たす映画『14(じゅうし)の夜』。このほど、本作に出演する、いま人気急上昇中の若手俳優・健太郎が初めてのヤンキー役を演じる場面写真が解禁となった。

【画像】ヤンキー座りをする健太郎

1980年代の田舎町のレンタルショップを舞台に、性にざわめき、やがて冒険に出る中学生男子たちの悶々とした思いを描き出していく本作。情けなくも愛すべき“性春”を通じて成長していく少年たちの姿は、あの名作『スタンド・バイ・ミー』を彷彿とさせる…かも!?

そんな本作に、TBSドラマ「仰げば尊し」出演や「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」のスタジオレギュラーとして注目を集める健太郎が、主人公・タカシ(犬飼直紀)の同級生であるヤンキー役として出演。これまでにない新たな魅力を振りまいている。

ドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」では、斎藤工演じる教師の教え子を演じていた健太郎さん。「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」では徳井義実の高校時代役、「仰げば尊し」では吹奏楽部副部長でサックス担当の井川役など話題作が続き、いま人気急上昇中。広瀬すず、中条あやみ共演の『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』にも参加する。

そんな彼が、4人の中学生男子がまだ見ぬ生おっぱいにロマンを抱き、セックスへ妄想を募らせる“性春”物語に出演。彼が演じるのは、学校のヤンキーグループのリーダー的存在である金田。イマイチぱっとしないタカシとは真逆の、「どうやら、あいつはもうヤってるらしい」とうわさされるイケメンだ。

そして今回、本作から解禁となったのは、劇中に登場する仲間と一緒にヤンキー座りでこちらを睨みつけている写真と、撮影の合間に見せた健太郎さんらしい自然体の表情をとらえた写真の2点。彼らの “性春”がどんな形でスクリーンに登場するのか、期待して待っていて!?

■健太郎 コメント
僕が演じた金田という役は、ヤンキーのリーダー的存在で、ほかのヤンキーとはだいぶ違うモノを持っているので、演じていてその部分を出すのが難しかったですが、それ以上に楽しかったです。今回、“初めての体験”をさせて頂いたのですが、この作品でできたことがよかったなと思っています。その“初めての体験”をぜひ劇場でご覧いただきたいです。足立監督の初監督作品である『14の夜』で監督とご一緒できたこと、この作品に携われたことがいまの自分にとってとても大きな財産になりました。いまから公開が楽しみです!!

『14の夜』は12月24日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。

最終更新:9/16(金) 16:00

cinemacafe.net