ここから本文です

米FRBのストレステスト、銀行団体が「違法な公算」と指摘

ロイター 9月16日(金)6時59分配信

[ 15日 ロイター] - 銀行業界の非営利団体である資本市場規制に関する委員会は15日、米連邦準備理事会(FRB)が銀行のストレステスト(健全性審査)の中核部分を導入する際に、法律に抵触した可能性があるとの報告書を公表した。

同委員会のメンバーには、ゴールドマン・サックス<GS.N>、JPモルガン・チェース<JPM.N>、ウェルズ・ファーゴ<WFC.N>、UBSグループ<UBSG.S>などの幹部が名を連ねる。

報告書では、ストレステストをめぐりFRBを提訴した場合に、銀行側が主張できる観点を網羅した。

銀行が当局を訴えるのは異例だが、関係筋によると、提訴の可能性も検討されている。

報告書によると、FRBは行政手続きに関する法律に抵触した可能性があるという。同法は連邦機関に対し、規則案を公示するとともに、意見を公募することを義務付けている。

最終更新:9月16日(金)7時3分

ロイター