ここから本文です

インテル、早くもデブール監督解任の可能性 ユーヴェ戦が決定打に?

ISM 9月16日(金)12時7分配信

 長友佑都所属のインテル(イタリア)に、早くも指揮官交代の可能性が浮上しているようだ。伊サイト『calciomercato.com』が現地時間16日(以下現地時間)に伝えている。

 インテルは8月、セリエA開幕まで2週間を切ったなかでロベルト・マンチーニ前監督との契約を解消し、フランク・デブール監督を3年契約で招聘したばかり。しかし、チームは開幕から1勝1分1敗とスタートダッシュに失敗。15日のヨーロッパリーグ(以下EL)では、ホームでハポエル・ベエルシェヴァ(イスラエル)に0対2と完敗を喫している。

 『calciomercato.com』によれば、新オーナーの蘇寧グループはデブール監督の招聘という決断について確信をもっておらず、同監督の立場はELの敗戦によってさらに揺らいだとのこと。契約には違約金150万ユーロ(約1億7000万)で解除可能な条項が付帯しており、18日のセリエA・ユヴェントス戦が指揮官の進退を決める決定的な試合になる可能性もあるという。なお、デブール監督退任の場合、後任はファビオ・カペッロ氏が有力視されている。

最終更新:9月16日(金)12時7分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。