ここから本文です

中島健人初主演!アジア6か国に世界同時放送「ガードセンター24」今夜

cinemacafe.net 9月16日(金)17時0分配信

「Sexy Zone」の中島健人が日本テレビのゴールデンでドラマ初主演を務める「ガードセンター24(トゥエンティフォー) 広域警備指令室」が9月16日(金)今夜、「金曜ロードSHOW!」の特別ドラマ企画として放送される。

この記事のほかの写真

本作は警備会社のコントロールルームである「ガードセンター」を舞台に、個性豊かな7人のチームが東京中の“安全”と“安心”を守るため様々な事件に立ち向かうという内容。

中島さんのほか、栗山千明、田中圭、ケンドーコバヤシ、堀内敬子、中村梅雀、上川隆也、高畑淳子(特別出演)、岩橋玄樹(ジャニーズJr.)、川栄李奈、和泉崇司、谷花音、前田公輝ほか豪華キャストが出演。人間ドラマもハラハラドキドキの展開も盛り込まれた“密室”アクションエンターテインメントになっている。

今回主演という大役に挑む中島さんは「このドラマのキーとなっている『安全』『安心』というワードは、今世の中ですごく求められているものだと思うので、そんなドラマに自分が出演することができるのは、本当に幸せです」とその喜びを語り、自身が演じる“篠宮守”については「心から『THE ピュア』なキャラクター」と評し「台本の読み合わせをさせていただいたことで、それを改めて強く感じました。この役とは仲良くお付き合いできそう、って思っています。」とコメント。

今回中島さんを起用した稲熊洋介プロデューサーは主人公の篠宮守を「未熟ではありながら、持ち前の屈託のない明るさや、ピュアな優しさで『人に安心感を与える』天性の素質を持ち、この不安だらけの現代社会で、“この人が隣にいてくれたら、もしかしたら大丈夫かもしれない”と思わせてくれる様な、“ヒーロー”として描きたい」と考え「ライブなどで『人を元気づけたり、ときめかせたり』ということを自然体のまま出来てしまっている中島さんが、我々の思うヒーロー像に凄くマッチしている」と思ったと今回の起用理由を説明。

また本作は日本のみならず日本テレビ運営のアジア向け有料チャンネル「GEM」を通じ、カンボジア、香港、インドネシア、フィリピン、シンガポール、タイの6つの国と地域で同日・同時刻に放送する“世界同時放送”が行われるが、稲熊プロデューサーは「『黒崎くんの言いなりになんてならない』で台湾を始めアジア各国で注目度が急上昇している中島さんなら、国境を越えたアジア全域でのニューヒーローになってくれると思っています」とアジアでの中島さん人気に期待を寄せる。

警備会社「セキュリティ24」の中枢指令室“セキュリティ・ガードセンター”に、正義感の強い、真っ直ぐな性格だがガードセンターの指示を無視しがちがやや問題児の警備員・篠宮守が配属され、センター長の野々村省吾(上川さん)をはじめ、スマートな理系男子・王子(田中さん)や現場上がりの体育会系アニキ分・外木場(ケンドーさん)、心理学まで学ぶお客様対応のプロフェッショナル・麻美子(堀内さん)、超ベテランで警備業界の生き字引・新川(中村さん)ら個性的な監視員たちとともに密室の中枢警備指令室で、様々な事件と対峙していく…。

金曜ロードSHOW!特別ドラマ企画「ガードセンター24 広域警備指令室」は9月16日(金)21時~日本テレビ系で放送。

最終更新:9月16日(金)17時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。