ここから本文です

ハヤテが、フレイアが、ミラージュが! 声優陣が『マクロスΔスクランブル』をステージで体験【TGS 2016】

ファミ通.com 9月16日(金)9時11分配信

文・取材:ライター 櫛田理子、撮影:カメラマン 曽根田元

●ゲーム、アニメ、ワルキューレLIVEなど発表が相次ぐ
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。初日のバンダイナムコエンターテインメントブースメインステージでは、“『マクロスΔスクランブル』アニメもゲームもゴリゴリMAX! 準備はいいんかね!? ステージ”と題したイベントが行われ、大勢のギャラリーが集まった。ゲストとして、テレビアニメ『マクロスΔ』ハヤテ・インメルマン役の内田雄馬さん、フレイア・ヴィオン役の鈴木みのりさん、ミラージュ・ファリーナ・ジーナス役の瀬戸麻沙美さんが出演。ほか、マクロスビジュアルアーティストの天神英貴さん、『マクロスΔスクランブル』の大塚怜士プロデューサー(バンダイナムコエンターテインメント)、下河邉匠陛ディレクター(アートディンク)も登壇した。

 最初に、クライマックスを迎えようとしているテレビアニメ『マクロスΔ』について、可変戦闘機バルキリー、歌、三角関係というキーワードから、それぞれ内田さん、鈴木さん、瀬戸さんが紹介。ちなみに、ステージ上にはバルキリーの超合金が飾られていたが、これは内田さんが組み立てたとのことだった。

 つぎに、10月20日に発売予定のPS Vita用フライトアクションシューティング『マクロスΔスクランブル』に話題が移り、テレビアニメの1話から13話をミッションとしてプレイできること、『マクロスシリーズ』の楽曲をバックに三段変形を楽しめることなどが、大塚プロデューサー、下河邉ディレクターから説明された。また、PSP用『マクロスエースフロンティア』からパッケージイラストを手掛けている天神さんが担当したキービジュアルも紹介された。ほか、期間限定生産版として同時発売される『マクロスΔスクランブル ルンピカ♪サウンドエディション』のパッケージビジュアルの初公開をはじめ、初回封入特典として『VF-31S 特別塗装“美雲・ギンヌメール”』のプロダクトコードが追加されたこと、TGSのBNEブースで『マクロスΔスクランブル』を試遊すると『VF-31F 特別塗装“カナメ・バッカニア”』のプロダクトコード付き特別ウミネコステッカーがプレゼントされること、テレビアニメ後半の一部をミッションとして楽しむことのできるダウンロードコンテンツの無料配信が今冬に予定されていることなど、発表が相次いだ。

 さらに、テレビアニメ『マクロスΔ』の河森正治監督からのメッセージビデオの公開や、戦術音楽ユニット“ワルキューレ”2nd LIVE in 横浜アリーナが2017年1月28日に開催されることの発表もあった。



●体験版のミッションにゲストが挑戦!
 イベント後半は、『マクロスΔスクランブル』公式サイトで公開中の、テレビアニメ出演キャストによるゲーム挑戦企画“みらーじゅ ぷれい動画日記”の公開収録が行われ、天神さんが『マクロスΔスクランブル』の体験版に挑戦することに。リザルトはランクB。天神さんは、ゲーム中でミサイルの軌跡などがきれいに表現されていることなどに注目していた。

 その後は、内田さん、鈴木さん、瀬戸さんによるキャストどうしのバトルへ突入。3人が体験版をプレイして、リザルトを競うことに。ちなみに、“みらーじゅ ぷれい動画日記”出演時のリザルトは、内田さんがランクA、鈴木さんがランクD、瀬戸さんは……“みらーじゅ”がプレイしているもようは動画にあるものの、リザルト不明!? とにかく、それぞれがさらに上のランクを目指すこととなった。

 ランクSを目指した内田さんは、集中しててきぱきとミッションをこなしたが、惜しくもランクAに終わった。すると、いち早くゲームを終えた内田さんに、鈴木さんが途中交代をリクエストし、鈴木さんのぶんも内田さんがプレイすることに。結果はランクD。そして瀬戸さんは、始めのうちは操作にとまどうようすだったが、次第に慣れて変形も体験し、ランクEというリザルトを残した。最後に、3人からプレイ後の感想とメッセージが伝えられ、イベントは幕を閉じた。

最終更新:9月16日(金)9時11分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。