ここから本文です

韓国人の19.4% ソウルに居住

聯合ニュース 9/16(金) 10:46配信

【世宗聯合ニュース】韓国の国民の2割近くが首都ソウルに暮らしていることが16日、分かった。

 韓国統計庁と国土交通部によると、昨年実施の「人口住宅総調査」を基に算出したソウル市の人口密度は1平方キロメートル当たり1万6363人と、市・道別で最も高かった。1995年以降、徐々に低下していたが、昨年は小幅上昇した。

 ソウルの面積は全国土の0.6%にすぎないが、人口は全体の19.4%を占める。

 ソウルの人口密度の高さは、職を求め地方から上京する人が多いためと分析される。近年のソウルの人口は流出が流入を上回る純流出となっているが、昨年の人口は約990万4000人で、5年前の前回調査(約974万4000人)より多かった。

 ソウルの次に人口密度が高かったのは釜山市(1平方キロメートル当たり4480人)で、光州市(2999人)、大田市(2791人)、仁川市(2755人)と続いた。最も人口密度が低い江原道(90人)は、ソウルの182分の1程度にとどまる。

最終更新:9/16(金) 10:46

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。