ここから本文です

【投資のヒント】10人以上が強気の評価を付けている銘柄は

ZUU online 9/16(金) 18:40配信

3月期決算銘柄の第1四半期決算発表も先月中旬で終わり、決算発表終了から1ヵ月程度経過しました。そのためアナリストによる評価の見直しもずいぶんと進んだとみられます。

そこで新たな評価がほぼ出揃ったとみられることから改めて3月期決算銘柄を対象に強気(強気とやや強気の合計)が10人以上と特に多い銘柄をピックアップしてみました。

そのなかでも特に強気の評価が多いのが日本電産 <6594> で、15人が強気を付け強気の割合も9割近い水準となっています。また、日本電産に次いで多いのがソニー <6758> とアルプス電気 <6770> で14名が強気の評価を付けており、アルプス電気の強気の割合は9割を超えています。さらに村田製作所 <6981> やアイシン精機 <7259> 、JAL <9201> でも13人が強気を付けています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:9/16(金) 18:40

ZUU online

チャート

日本電産6594
9859円、前日比-82円 - 12/9(金) 15:00

チャート

ソニー6758
3368円、前日比+107円 - 12/9(金) 15:00

チャート

アルプス電気6770
2952円、前日比+12円 - 12/9(金) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。