ここから本文です

永峰咲希、アイアンショット劇変で2打差・4位タイ発進!

ゴルフ情報ALBA.Net 9月16日(金)19時50分配信

<マンシングウェアレディース東海クラシック 事前情報◇15日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6,397ヤード・パー72)>

【関連】永峰咲希のプレーを振り返る!LIVE写真館

 「マンシングウェアレディース東海クラシック」初日に首位と2打差の6アンダー発進を見せた永峰咲希。「久しぶりに良いスタートを切れた」と笑顔でクラブハウスに引き上げてきた。

 笑顔の理由はビッグスコアにつながったアイアンショットの改善だ。永峰は先週までの「ニトリレディス」から「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」までの北海道シリーズ全てベスト10に入っていたが、「アクセルを踏んでいける調子ではなくて。様子を見ながら最終日に伸ばして入るという感じ」とは本調子とは程遠かった。

「気持ちよく振れないのが続いてました。上位には入れていたけど、もどかしいままで、“ここぞ”というときにピンを攻めていけるような感じではなかった」。

 原因はバックスイングでシャット目に上がりすぎており、手打ちになっていたこと。そのため今週は右手を極力使わず、左手でトップまで上げるイメージにしたところ、悪癖が矯正され、いきなり効果が。「特にアイアンの入り方が変わりましたね。久しぶりにビタってつくショットもありました」と8バーディ奪取を手ごたえを得た。

 加えて、ショットが不調の中でスコアメイクに貢献したパターは今日も好調。「1メートルの距離でしっかり芯に当てる練習をしだしてから、3~4メートルのパットでも転がりの良い球を打てるようになった」。最終18番で4メートルを沈めるなど、今日もつけたチャンスを次々とものにしていった。

 今大会が行われている愛知県は、首位で最終日を迎えるも優勝を逃した5月の「中京テレビ・ブリヂストンレディス」と同じ場所。切れ味を取り戻したアイアンを武器に、愛知の借りを愛知で返したいところだ。

(撮影:秋田義和)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:9月16日(金)19時50分

ゴルフ情報ALBA.Net