ここから本文です

虎ファンが売る「鯉焼き」、カープ優勝で人気 長野

朝日新聞デジタル 9月16日(金)6時53分配信

 広島東洋カープが25年ぶりのリーグ優勝を飾ったのをきっかけに、善光寺(長野市)近くにある藤田九衛門商店が販売している「鯉(こい)焼き」が長野県内外のカープファンから話題を集めている。

 店主の藤田治さん(41)が2013年、「海がない長野県なので、鯛(たい)ではなく鯉」と思い立ち、鯉焼き専門店をオープン。信州産の紫花豆を使ってあんをつくり、鯉型の焼き器で丁寧に焼き上げている。

 販売している鯉焼きのうち、生産量が特に少ない白花豆を使っているのが「錦鯉(にしきごい)」で、通常は予約販売のみの商品だ。カープが優勝した翌日の11日、善光寺の仲見世通りで「錦鯉」25匹を限定販売したところ、善光寺を訪れていた県内外のカープファンから「鯉焼きとは珍しい」と大好評。25年ぶりの優勝に引っかけた「25匹」は昼ごろには完売した。カープがクライマックスシリーズを勝ち上がったら、もう一度、限定販売する考えだ。

 大阪府出身という藤田さん。実は熱烈な阪神タイガースファンだが「鯉を売っているんだからカープ優勝を無視できない。カープに日本一になってもらって、売り上げに貢献してもらいましょう」と笑顔だった。(辻隆徳)

朝日新聞社

最終更新:9月16日(金)6時53分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]