ここから本文です

ザ・なつやすみバンド、9月17日のワンマンライヴをLINE LIVEで生中継

CDジャーナル 9月16日(金)19時46分配信

 7月に3rdアルバム『PHANTASIA』をリリースしたザ・なつやすみバンドが、レコ発ツアー〈ツアーファンタジア〉の東京公演となる9月17日(土)渋谷・duo MUSIC EXCHANGEでのワンマン・ライヴの模様を一部LINE LIVE(live.line.me/r/channels/520/upcoming/33392)で生中継。当日18:40より配信開始。

 ザ・なつやすみバンドは、中川理沙(vo, pf)、高木 潤(b)、村野瑞希(dr)、MC.sirafu(steelpan, tp)の4人が、2008年4月に“毎日が夏休みであれ!”という信念の下に結成。7月に発売した3rdアルバム『PHANTASIA』には、全12曲を収録。ジャケットのアートワークは、これまでの作品も手がけている惣田紗希によるもの。「コップのフチ子」の原案や「バカドリル」「オッス!トン子ちゃん」で知られるマンガ家、映像作家のタナカカツキが手掛けた「Odyssey」のミュージックビデオには、ザ・なつやすみバンドのメンバーもさまざまなキャラクターで登場。日常から飛び出した宇宙の世界がサイケデリックで美しく描かれており、話題となっています。

 アルバム発売に伴うツアー〈ツアーファンタジア〉は、9月9日(金)名古屋・TOKUZOを皮切りに、ファイナルとなる11月23日(水・祝)沖縄・那覇 Outputまで 13公演が開催されます。

最終更新:9月16日(金)19時46分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。