ここから本文です

『スースク』ハーレイ・クイン主演映画が始動!マーゴット自らプロデュース!

シネマトゥデイ 9/16(金) 19:22配信

 日本でも大ヒット公開中のDCコミックスの悪役が集結するアクション大作『スーサイド・スクワッド』で主役級の活躍を見せるヒロイン、ハーレイ・クインの単独主演映画が製作されることが明らかになった。The Hollywood Reporter が報じた。

ハーレイ・クインと熱烈キス!ジョーカーまとめ映像

 『スーサイド・スクワッド』でウィル・スミスふんする最強のスナイパー、デッドショットや、ジャレッド・レトー演じるアメコミ界きっての有名悪役ジョーカーに引けを取らず、一度目にしたら忘れられないポップでキュートなコスチュームとともに、人気を博している悪カワヒロインことハーレイ・クイン。その人気ゆえに単独主演映画を期待するファンの声も多く、この度ついにその映画化が決定した。恋人であるジョーカーとの絡みがさらに描かれるのかなど、期待が高まるばかり。マーゴットは製作総指揮にも名を連ねるとのこと。

 というのも、米ワーナー・ブラザースは、女性キャラクターを主人公にした作品を増やしたい考えがあり、マーゴットの映画製作会社 LuckyChap Entertainment とファーストルック契約(スタジオが企画開発費用を支援する代わりに、優先的にプロデューサーや監督の企画を製作・配給できるというもの)を結んでいる。その契約により、マーゴットは本作に加え、実在した悲劇の空中ブランコ乗り、リリアン・レイツェルを描いたディーン・N・ジェンセン著の「Queen of the Air: A True Story of Love and Tragedy at the Circus」を映画化する作品でも主演と製作総指揮を務める。26歳にして自らの実力でキャリアを切り開いているマーゴット。今後の活躍から目が離せそうにない。(編集部・石神恵美子)

最終更新:9/16(金) 19:22

シネマトゥデイ