ここから本文です

「ギャラクシーノート7」、米国でリコール正式発表

ロイター 9月16日(金)8時9分配信

[15日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は15日、米国で新型スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」をリコール(回収・無償修理)すると正式に発表した。対象は約100万台で、交換・返金に応じる。

サムスンは、交換用の「ノート7」は9月21日までには、米国の大半の小売各店で受け取ることができるようになると説明している。

米消費者製品安全委員会(CPSC)によると、バッテリーの過熱をめぐる報告が92件寄せられ、このうち26件は火傷、55件は物損が関わっていた。

CPSCはユーザーに対し、「ノート7」の電源を直ちに切り、利用をやめるよう呼びかけた。

サムスンは今月に入り、バッテリーの不具合で発火の恐れがあるとして、すべての「ノート7」のリコールを行なうことを明らかにしている。

サムスンによると、世界全体でおよそ250万台のリコールが必要になる見通しだ。一部のアナリストは、リコールの影響でサムスンは今年、50億ドル近い収入を失う可能性があるとの見方を示している。

*内容を追加しました。

最終更新:9月16日(金)8時45分

ロイター