ここから本文です

ざざんざ織(浜松)など追加 三遠南信特産品ガイド

@S[アットエス] by 静岡新聞 9月16日(金)8時51分配信

 遠州と愛知県東三河、長野県南信州の官民連携組織「三遠南信地域連携ビジョン推進会議(SENA)」は15日、圏域の味覚や技を紹介するウェブサイト「三遠南信特産品ガイド」に、各地の伝統工芸品など10品目を新たに追加した。3月の開設以来、産品を増やしたのは初めて。掲載数は37品になった。

 新たに加わったのは、ざざんざ織の小物入れ(浜松市)や三河もめんの名刺入れ(愛知県蒲郡市)、飯田水引のリンゴ形キーホルダー(長野県飯田市)など。公募した21品の中から、「歴史や由来などのストーリー性」「隠れた産品」などの視点で厳選した。

 サイトではこのほか、大福寺納豆(浜松市)、天ぷらまんじゅう(飯田市)、豊橋筆(豊橋市)などを紹介している。37品中32品は、購入方法や各店の連絡先などの案内も掲載している。

 SENA事務局によると8月末現在で、サイトには5468件のアクセスがあった。このうち、約8%は購入方法などの案内ページに進んでいるという。

静岡新聞社

最終更新:9月16日(金)8時51分

@S[アットエス] by 静岡新聞