ここから本文です

トム・ハンクス、未曾有の航空機事故の生還者と対面!日本人がいたとは「知らなかった」

cinemacafe.net 9月16日(金)17時36分配信

クリント・イーストウッド監督と主演トム・ハンクスのコンビが贈る映画『ハドソン川の奇跡』の来日記者会見が9月16日(金)にザ・リッツ・カールトン東京で開催され、トム・ハンクスとアーロン・エッカートが出席。実際に事故を体験した日本人乗客と対面を果たした。

【写真】トム・ハンクス&アーロン・エッカー/記者会見の様子

本作の題材となるのは、2009年1月15日に起きた未曾有の航空機事故。制御不能になった機体をハドソン川に不時着させて、乗客乗員全員を救ったサレンバーガー機長の実話に迫るヒューマン・ドラマだ。

会見には、事故が起きたUS エアウェイズ1549便に実際に搭乗し、“奇跡”の一部始終を体験した日本人乗客の滝川裕己さん、出口適さんも参加。トムとアーロンは、「日本人搭乗客がいたことは、おふたりに会うまで知らなかった」と驚きの表情を見せた。

「荷物はちゃんと戻ってきたのか」と気にするトムだが、出口さんは「すべてクリーニングがかかって、きれいな形で戻ってきた」、滝川さんも「スーパーの会員券まで戻ってきた」と笑顔で証言。また映画については、「非常にリアルで事実が忠実に再現されていた」(滝川さん)、「命を救ったヒーローがその後に容疑者扱いをされていたとは知らなかった」(出口さん)と搭乗者としても、驚きに満ちたものだったという。

本作で、乗客を救ったサレンバーガー機長を演じたトム。これまでにも『ブリッジ・オブ・スパイ』や『アポロ13』など実在の偉大なる人物を演じてきた。トムは「『トイ・ストーリー』のウッディ(の声)も演じているけれど、特に彼にはインタビューをしたり話を聞いたりはしていないよ」とおどけつつ、「その物語に私たちが知らない事実が隠されていたり、2幕までは知っていたけれど、3幕、4幕があったんだという面白さに興味を引かれるんだ」と実話を演じる面白さについてコメント。

さらにトムは「とにかく、いつもいい題材を常に探している。俳優としては競争心がある方」と貪欲な姿勢を明かし、本作の脚本には「いろいろなサプライズがあった」と述懐。「知っていると思っていたニュースには、実はこれだけいろいろなことがあったんだと分かる。そういったことが、いい映画ができる要素になると思うんだ」とエネルギッシュに語っていた。

最終更新:9月16日(金)17時36分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。