ここから本文です

<松山ケンイチ>「ふたがしら」続編に手応え 「とんでもない作品になった」

まんたんウェブ 9/16(金) 21:16配信

 俳優の松山ケンイチさんが主演する時代劇ドラマ「連続ドラマW ふたがしら2」(WOWOW)が、17日にスタートする。昨年放送された「ふたがしら」の待望の続編で、松山さん自身、「泥棒集団『壱師』が出来上がってからの物語をどうしても演じたかった。本当に実現してうれしい」と強い思い入れで臨んだ今作について、話を聞いた。

【写真特集】松ケン 独特の雰囲気がカッコいい! ドラマの場面写真も

 ◇続編は「前作と全然違うものに」

 「ふたがしら」は、オノ・ナツメさんのマンガが原作。江戸を舞台に、松山さん演じる明るく豪快な盗賊・弁蔵と、頭脳明晰(めいせき)でクールな相棒・宗次が、「脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく」をモットーに、巧妙な駆け引きやだまし合いで“つとめ”を遂行していく姿が描かれる。

 続編「ふたがしら2」は、前作で盗賊一味「赤目」を抜け、自分たちの一味「壱師」を築いて頭(かしら)となった弁蔵と宗次の、その後の物語。松山さんは、今作について「前作はエンターテインメント色が強かったんですが、今回はすごくシリアスな部分もあって。また全然違うものになっていると思います」と語る。

 前作では、自身の盗賊団を構えるため、自由闊達(かったつ)に各地を回って奮闘する弁蔵と宗次のいわば「成長物語」だったが、今作では江戸の頂点を目指して「壱師」を束ねる2人のシビアな面も描かれているといい、「前作でも裏家業の厳しさが描かれていましたが、弁蔵と宗次がより一層そういう部分に向き合っていかなければいけないんです」と置かれた状況の変化を語る。

 その上で「“脅さず殺さず”というモットーを大事にしながらも、それが簡単にできちゃう世界でもないんですよね。その難しさを表現したくて、僕は『続編を作りたい』ってずっと言っていたんです」と続編ならではの意気込みを語り、「今回、台本を読んだときにそういう部分が見事に描かれていましたし、今、撮影を終えて、とんでもない作品になったんじゃないかなという手応えがあります」と自信をのぞかせる。

1/3ページ

最終更新:9/16(金) 21:18

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]