ここから本文です

彼岸島×Ingress!全国5カ所の“島”にミッション出現、師匠がBIOカードに

コミックナタリー 9月16日(金)10時0分配信

松本光司原作による実写映画「彼岸島 デラックス」と、スマートフォンゲーム「Ingress」がコラボレート。日本5カ所の“島”を舞台にしたミッションが公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ポケモンGO」で一躍話題に上ったナイアンテック社が配信している「Ingress」は、スマートフォンのGPS機能を使い、「レジスタンス」と「エンライテンド」の2派閥に分かれて行われる陣取りゲーム。自陣営を広げるためには現実世界を自らの足で歩く必要がある。

「彼岸島 デラックス」とのコラボミッションは、東京都中央区の月島、東京都台東区の弁天島、神奈川県横須賀市の猿島、香川県丸亀市の福島、鹿児島県鹿児島市の桜島のエリアに出現。1エリアでオリジナルの「ハァハァ」ミッションメダルを6つ揃えれば、「彼岸島」シリーズの中でも人気のキャラクター・師匠のBIOカードがゲットできる。またミッションクリア特典なども用意されている。

白石隼也と鈴木亮平がダブル主演を務める「彼岸島 デラックス」は、10月15日より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー。全4話のテレビドラマ「彼岸島 Love is over」は9月18日深夜を皮切りにMBS、TBSにてオンエアされる。

(c)2016「彼岸島」製作委員会

最終更新:9月16日(金)10時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。