ここから本文です

現実は厳しく…FIFAランク、日本はアジア6位の56位に後退

日刊ゲンダイDIGITAL 9月16日(金)12時12分配信

 正当な「評価」ではないか。

 国際サッカー連盟(FIFA)は15日、最新の世界ランキングを発表。W杯アジア最終予選B組の初戦(9月1日)でUAE代表に敗れた日本は、前回の49位から56位に大きくランクダウン。アジアの中でも3位から6位に後退した。

 アジア勢の順位は、イラン37位、オーストラリア45位、韓国47位、ウズベキスタン49位、サウジアラビア52位、UAE66位、イラク128位、タイ135位となっている。UAE、オーストラリア、サウジアラビアが大きく躍進し、トップはイランがキープしている。

 日本のサッカー関係者からは「チーム力を冷静に比較して56位は不当に低い」という声も聞こえてきそうだが、世界から見れば、アジア内での序列はさておき、まっとうなランキングなのだろう。

 ちなみに1位アルゼンチン、2位ベルギー、3位ドイツ、4位ブラジル、コロンビア、6位チリ、7位ポルトガル、8位フランス、9位ウルグアイの順だ。

最終更新:9月16日(金)12時12分

日刊ゲンダイDIGITAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。