ここから本文です

「iPhone 7」のジェットブラックと「iPhone 7 Plus」の全色は予約で完売──Appleが声明文

ITmedia ニュース 9月16日(金)7時2分配信

 米Appleの新スマートフォン、「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」の一部のモデルは、9月16日の発売日に店頭で入手できないことを、Appleが米TechCrunchなどの複数のメディアに送った声明文で明らかにした。

iPhone 7 PlusのジェットブラックはAppleのオンラインショップで予約しても入手できるのは11月

 iPhone 7のジェットブラックと、iPhone 7 Plusの全色は予約段階で在庫が完売しており、発売日の16日に予約なしで直営店に行っても購入できないとしている。

 iPhone 7/7 Plusの予約は9日に開始されたが、日本でのジェットブラックのiPhone 7 Plusは予約開始後30分で出荷予定が11月になったという。

 Appleの声明文には「iPhone 7およびiPhone 7 Plusへの最初の反応はわれわれにとってこの上ない幸せだ。世界中の直営店とパートナー店での発売を楽しみにしている。金曜日(16日)から、数量限定のシルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックのiPhone 7を、予約していない顧客向けに直営店で販売する。オンライン予約期間中、iPhone 7 Plusの全色とiPhone 7のジェットブラックは完売し、予約なしでご来店の顧客には販売できない。パートナーショップでの在庫状況は変動するので、直接確認されたい」とある。

 米キャリアのSprintは13日、予約開始から3日でこれらの端末の予約件数は、iPhone 6s/6s Plusの時の375%増(約4倍)だったと発表している。

 米9TO5Macによると、オーストラリアの直営店でiPhone 7/7 Plus購入のためにできていた行列に対し、Appleのスタッフが販売できるモデルについての情報を伝え、謝罪してオーストリアドルで100ドル(約1万円)の「Apple Storeギフトカード」を配ったという。

最終更新:9月16日(金)7時2分

ITmedia ニュース