ここから本文です

夏樹陽子、ラーメンでロケ地の函館愛を確認「ほとんど食べないけれど3杯食べた」

映画.com 9/16(金) 20:15配信

 [映画.com ニュース] 函館港イルミナシオン映画祭の「シナリオ大賞映画化プロジェクト」第1弾となる「函館珈琲」の特別試写会が9月16日、都内のホールで行われた。主演の黄川田将也をはじめ片岡礼子、中高生時代を函館で過ごし映画祭のディレクターを務めるフォーク歌手のあがた森魚らが、上映前に舞台挨拶に立った。

【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら

 主人公の小説家を演じた黄川田は、「函館は映画を撮りたくなる街とよく聞いていたけれど、行ってみて本当によく分かった。カメラの前に立った時に、すーっと役になれたのも函館のおかげ。第2の故郷のような街です」と笑顔。「皆さんには、僕たちと一緒にこの作品を育てる任務があるので、いろいろと広めて1人でも多くの人に優しく寄り添える作品になれれば」と観客に呼びかけた。

 舞台となるアパートの主人に扮した夏樹陽子も、「個人的にラーメンはほとんど食べないんですが、函館では3杯食べました。それくらいおいしい」と函館愛を強調。あがたは、「函館への愛着で映画祭を始めて、皆の力が結集してこの場に立っていることをうれしく思う。映画を見て、函館にも来てほしいな」と感慨深げに話した。

 元「Wyolica」のボーカルで映画初出演のAzumiは、「メロディ以外で言葉を発するのも、自分以外の人間になるのも初めて。本読みから緊張して心臓がバクバクしていたけれど、監督をはじめキャスト、スタッフの映画愛、熱にあふれた素晴らしい世界だった。全部を捨てて挑まないといけないと思った」と述懐。主題歌「Carnival」も担当したが、「登場人物に一筋の光が見えるようになればと思いながら曲を作っていた。でも、最初は主題歌になる予定はなく、あわよくばと思っていたんです」と明かし、会場の笑いを誘った。

 これまで映画祭に3度参加し、同作の映画化が決まった際に「かなり強く売り込んだ」という西尾孔志監督は、「函館は時間の流れが違うというセリフがあるが、それをいかに映画にするかが僕の使命だった」と説明。「ストレートな青春映画のように見えるが、大人になることを受け入れられない30代、40代の屈折した頑固さ、自意識を描いた。そういうツメ跡が残せていればうれしい」と訴えていた。

 「函館珈琲」は、函館の古い西洋風アパートで暮らす小説家、ガラス職人、テディベア作家らがそれぞれの悩みと向き合い、出会いと別れを繰り返しながら新たな一歩を踏み出していく群像賛歌。9月24日から全国で順次公開される。

最終更新:9/16(金) 20:15

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]