ここから本文です

「Pokemon GO Plus」が届いたので早速開封!これはポケモン探しが捗りそう

インサイド 9/16(金) 23:15配信

世間は東京ゲームショウ、という感じではありますが、9月16日に『Pokemon GO』と組み合わせて使えるBluetoothテバイス、「Pokemon GO Plus」が発売になりました。早速購入してみました。

【関連画像】

パッケージはトレーディングカードゲームのスターターパック程度の大きさ。開けてみると、中には「Pokemon GO Plus」の本体と、ストラップ、そして取扱説明書が含まれています。

本体のデザインはモンスターボールを模したもので、スッキリしていて、子供過ぎず、大人過ぎず、という印象。サイズは縦4.3cm、横3.3cm、厚み1.75cmと小ぶりで、背面にクリップが付いているので、胸ポケットやベルトなどに付けて歩くことができます。

ペアリングは、アプリを最新バージョンにしておくと「設定」画面の中に「Pokemon GO Plus」という項目が現れます。スマホはBluetoothをオンにしておく必要があります。本体側のボタンを押すと、すぐにスマホで端末を検知し、ペアリングが行われます。特段問題なく、すぐに設定が完了しました。

アプリを起動した状態で、ポケモンが現れたり、ポケストップの範囲に入ると、「Pokemon GO Plus」が振動します。画面がオフになった状態でも問題なさそうです。

頻繁に行われるアップデートで改善していっているとはいえ、『Pokemon GO』は電池消費が激しいという問題がありますし、四六時中スマホを覗いているわけにもいきません。歩きスマホでの事故も多発しているようです。しかし「Pokemon GO Plus」があればもう大丈夫。こいつを身につけていれば、大事な時は振動で教えてくれます。

まだまだポケモンマスターには程遠い筆者ですが、明日からはこれを身につけてポケモン探しに出たいと思います。

最終更新:9/16(金) 23:15

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]