ここから本文です

五輪が持つ不思議な力 安倍首相、雨も気にせず気さくに記念撮影

夕刊フジ 9月16日(金)16時56分配信

 メダリストがプロ野球の始球式に登場したり、凱旋パレードをしたりと、日本列島ではリオ五輪の余熱がまだ続いているようです。競技以外でも閉会式での開催地引き継ぎセレモニーは、日本のすばらしさを世界にアピールした名場面の1つではないでしょうか。

 その模様を現地で取材していましたが、歓声が最も大きくなったのは、安倍晋三首相がマリオに扮して登場したシーン。演出概要は本番2日前に日本の報道陣へ説明されていましたが、首相の出演部分だけはカットされており、フィールド上の土管から「マリオが出てくる」としか伝えられていませんでした。

 最大級のサプライズ。実は閉会式の大団円でもその続きがありました。某国要人の警備担当でフィールド上にいた男性から聞いたのですが、サンバのカーニバルで踊り騒ぐ群衆の中で、安倍首相は降る雨も気にせず、気さくに記念撮影に応じ続けていたというのです。

 男性は友人とともにほほ笑む首相の写真を携帯電話の画面で見せながら「今まで何度か安倍さんとも居合わせたが、いつもたくさん警備がついていた。こんなことは初めてだよ」。これも五輪が持つ不思議な力ですね。 (運動部・笹森倫)

最終更新:9月16日(金)17時16分

夕刊フジ