ここから本文です

MASONNAの活動25周年記念作『EVIL BLACK DISC』が4年の時を経てついに登場

CDジャーナル 9/16(金) 19:46配信

 ロックンロールへのパトスをサウンド / タイム感共に最大限加速したパフォーマンスで、世界を震撼させてきた山崎マゾによるソロ・プロジェクト、MASONNAが、同名義でのオリジナル作としては『Shock Rock』以来実に14年となるニュー・アルバム『EVIL BLACK DISC』(HFTG-010 税込3,000円)を7inchヴァイナル・フォーマットでリリース。

 同作は、2012年に活動25周年を記念した10年ぶりの新作としてリリースが予定されていたものの、“超ハイブースト、音量最大、凶暴仕上げ”に拘るが故にカッティングが難航し、完成までに4年を要した強力作。リミテーションも凶暴な99枚完全限定となっており、シリアルナンバー入り。10月1日(土)に東京・下北沢 SHELTERにて開催されるワンマン・ライヴ〈SHELTER 25th Anniversary MASONNA vs SHELTER〉の会場にて40~50枚(予定)を販売し、以降はリリース元「HELLO FROM THE GUTTER」のオフィシャル・ウェブストア(hftg.thebase.in)にて販売予定とのこと。詳しくはHELLO FROM THE GUTTERオフィシャル・サイト(hellofromthegutter.com)にてご確認ください。

最終更新:9/16(金) 19:46

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]