ここから本文です

<青木志貴の魔王式随想>二宮飛鳥がくれたシンセカイの鍵

まんたんウェブ 9/16(金) 21:40配信

 人気ゲーム「アイドルマスターシンデレラガールズ」の二宮飛鳥役などで知られる新人声優の青木志貴さん。自身を「ボク」と呼ぶ“ボクっ娘”で、“魔王”のニックネームで「League of Legends」などのオンラインゲームをがっつりやり込むコアゲーマーという異色の経歴も併せ持つ青木さんが、その独自の視点で自身の歩みやさまざまな思いを語ります。

【写真特集】原宿駅でも二宮飛鳥のポスターを探す青木さん

 ◇

 はじめましての方は、はじめまして! そうでない方はいつもありがとうございます! 青木志貴です!

 まず、このコラムで初めてボクを知ってくださった方へ向けて、簡単に自己紹介をさせてください。

 三木プロダクション所属の新人声優、青木志貴と申します! 趣味はゲーム(特にオンラインゲーム)とコスプレ、歌うこと。好きなものはおうちと猫、オカルト系全般(本とか映画とか…)とハイスペックPCです!

 声優をメインとしてお仕事をさせていただけるようになったのはまだまだ最近のことで、それまではゲーマーとしていろいろなネットの生番組や雑誌の読者モデル、舞台なんかに出演したりしていました。

 小さい頃からの夢だった声優としてお仕事をいただけるようになったわけですが、まだまだ未熟な新人ですので、アニメのお仕事をたくさん増やしていきたいです!

 あとは歌うことも好きなのでライブをしたり、何よりゲームが大好きなので、自分の大好きなゲーム作品にいつか出演できたらうれしいなあと思っております!

 さて、今回お話しするのは、ボクがCV(キャラクターボイス)を担当させていただいている「アイドルマスターシンデレラガールズ」に登場する「二宮飛鳥」との出会いについて。初回からいきなり飛鳥ちゃんについて!?と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、彼女はボクにとってとても大切な人物なのです。

 飛鳥ちゃんと出会ったのは昨年の終わり頃だったと思います。それまでもいくつかの作品のオーディションを受けてきましたが、やはり声優というのは厳しい世界。とくに舞台経験はあっても声優としてのお仕事の経験が少なく、かといって養成所などに通っていたわけでもないボクにとっては本当に厳しい世界です。

1/3ページ

最終更新:9/16(金) 22:45

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]